英国アンティーク,ひと味違うおしゃれなイギリスアンティーク

サルバ と トレイ

おすすめ順  |  価格順  |  新着順
  • SPオーバルピアッシングトレイ エドワーディアン SPオーバルピアッシングトレイ エドワーディアン シルバープレートのピアッシングの立ち上がりが素敵な楕円形トレイです。 ピアッシングがとても美しく持ち手部分もピアッシングのの一部のようになっていてとても洗練された上品なデザインです。 サルバとトレイの違いは持ち手が付いているのがトレイ、ないのがサルバとされていますが使い方は少しあいまいで脚の付いていないものはどちらもトレイと呼ぶことが多いようです。 60,000円(内税)
  • SP円形ピアッシングトレイ エドワーディアン SP円形ピアッシングトレイ エドワーディアン ピアッシングの立ち上がりが素敵なシルバープレートのトレイです。 中央にはリボンがエングレーブされていてより一層華やかな感じになっています。 サルバやトレイを選ぶとき円形か楕円形か迷ってしまいますね、テーブルの形や席のセッティング、もちろん載せるものにもよりますのでできれば2種類用意されるといいですよ。 こちらのお品はとても使いやすいサイズですのでいろんな場面で活躍してくれるサルバだと思います。 50,000円(内税)
  • SPブレッドボード / チーズボード SPブレッドボード / チーズボード ビクトリア時代の細工が美しいサルバ付きのブレッドボードです。 サルバは取っ手のないトレイのことでその分テーブルの上に置いた時に優雅な感じがします。付属の木製カッティングボードをのせるとブレッドボードとして使え、チーズボードとして使うのもいいと思います。ボードはレストア済みですので綺麗で清潔感があります。 パンやチーズを切るだけではなくトレイとしてフードを載せてもとてもおしゃれで素敵なテーブルコーディネートが出来ます。 40,000円(内税)
  • 純銀ミニサルバ / エドワーディアン 純銀ミニサルバ / エドワーディアン 1909年製のエドワーディアンのお品ですが中央のエングレービングはロココとフェーンを組み合わせたビクトリアンスタイルです。 小さいサルバながら重量感を感じさせるサルバです。 80,000円(内税)
  • 純銀バーナードサルバ 25 純銀バーナードサルバ 25 英国銀器の花形のひとつがサルバですね。 縁がウェーブになっていてエングレービング見事です。 メーカーの Barnard は世界で一番古いシルバースミスとされています。 260,000円(内税)
  • SP サルバ SP サルバ 縁の部分は型押しによるフルーツとスクロールの装飾、中央部分はチェイシングによるビクトリアンスタイルのエングレービングです。 4つの脚もとても凝った装飾になっています。 60,000円(内税)
  • SP ヴィクトリアンサルバ SP ヴィクトリアンサルバ 1894年製 シルバープレートラウンドサルバ、 8枚の花びらのようなリムが可愛いサルバです。 内面のエングレイビングはフラワー模様で女性らしいヴィクトリア時代のサルバです。 44,000円(内税)
  • SP ピアース&リボントレイ SP ピアース&リボントレイ エドワーディアン 1910年製 シルバープレート ピアース円形トレイ リムの立ち上がりが美しい透かし細工のエレガントな円形トレイです。 底面に脚のないフラットなタイプです。 45,000円(内税)
  • SP ヴィクトリアンサルバ SP ヴィクトリアンサルバ ヴィクトリア時代のシルバープレートサルバです。 装飾のないプレーンな縁が 1.5 ほど立ち上がったモダンなデザインです。 ヴィクトリアンらしい繊細で美しいエングレービングとシンプルなシェイプの組み合わせがとても新鮮です! 35,000円(内税)
  • ジョージアン 純銀サルバ ジョージアン 純銀サルバ ビクトリア時代の直前、ジョージアンの純銀サルバです。 ウェーブした縁の部分のピアッシングとスクロール模様の3つの脚がとてもレアです。 本物のアンティークの風格十分です。 180,000円(内税)
  • 純銀ミニサルバ 純銀ミニサルバ 1925年製、装飾が可愛い純銀ミニトレイです。 王冠のようにも見える4つのフラワーバスケットがエングレービングされています。 45,000円(内税)
  • 純銀ギャラリートレイ 純銀ギャラリートレイ 外側が5角形のシェイプの美しいエドワーディアンの円形サルバです。 全体に銀の厚みがあり重量感があります。 ガーランドのようなピアッシングがとても素敵です。 ティーセットやデカンタとグラスなどを載せて、オードブルやスイーツを載せて と使い途も多いお品です。 180,000円(内税)
  • 純銀オーバルトレイ 純銀オーバルトレイ 1888年製、シンプルな楕円形ですが細部まで美しい仕上げのレアなデザインの純銀トレイです。 縁の部分は葉がフリルになったような細かな装飾でハンドルと同じパターンになっています。 この仕上げを見てなんとなくフランス風と思った人はアンティーク通です。 90,000円(内税)
  • 純銀エドワーディアンサルバ 純銀エドワーディアンサルバ 北欧デザインを思わせるエレガントなデザインのエングレービングがとても珍しくおしゃれです。 4本の脚はボール&クロウです。シルバーの厚みがあり重量感たっぷりです。 150,000円(内税)
  • 純銀サルバ c1903 純銀サルバ c1903 シェルのモチーフの純銀サルバです。 ウェーブした縁にシェルが6か所、中央部分は細かなブライトカットによる装飾です。 ブライトカットは細かな同じ大きさのカットを一つ一つ刻む手間のかかる作業で美しい輝きからブライトカットとの名があります。 長年の間磨かれた中央のエングレービングは丸みを帯びていてアンティークの貫禄が感じられます。 200,000円(内税)
  • ヴィクトリア時代の純銀サルバ ヴィクトリア時代の純銀サルバ ヴィクトリア時代の純銀サルバです。 縁の部分と脚はロココスタイルで、内側に円形にエングレービングされているのはヴィクトリア時代に人気のあったフェーン(シダ)の絵柄です。 中央にはイニシアルやクレストを刻むようにシールドが型のカトゥーシュがありますがこちらもヴィクトリアンらしいフラワーのエングレービングで飾られています。 200,000円(内税)